ミネラルファンデーションてなんで良いの?一般コスメとの違い

ミネラルファンデーションてなんで良いの?
その他の記事

ミネラルファンデーション ミニ講座

ミネラルファンデーションとは、天然の鉱物(ミネラル)のみで作られ、合成成分や着色料を添加せずに作られたファンデーションのこと。鉱物のみで作られたと聞いてもピンとこないかもしれませんが、簡単に言うと岩石や鉱石を細かく粉砕してパウダー状にしたもの。

詳しくはこちら

日本ではミネラルファンデーションという言葉が浸透していますが、もともとはミネラルメイクアップと呼ばれ、その始まりは1976年、サンフランスシスコの郊外のお店からだったそうです。ミネラルメイクアップ発祥時は100%ミネラルのみをミネラルメイクアップと呼んでいましたが、今ではミネラル100%ではない商品も主成分が天然ミネラルであれば「ミネラル」とうたうことが認められているとのこと。つまり、「ミネラル」と書かれているからと言ってすべて同じではないんですね。

詳しくはこちら

鉱物油、防腐剤、シリコーン、紫外線吸収剤、合成界面活性剤、合成香料、などを含んでいないファンデーションが100%ミネラルに近いと言えるので、ミネラル100%のファンデーションを購入する際は成分をきちんとチェックした方が良さそうです。

ミネラルファンデーションが肌にやさしい理由

化学物質や着色料、油分やシリコーン、保存料などは、肌トラブルの原因のひとつと言われています。これらの石油系成分を含んでいる化粧品は肌の乾燥にも繋がってしまうかも…。
一方、ミネラルファンデーションは天然成分のみを使用しているので、肌への負担や刺激が少ないのが特徴です。敏感肌の方や、にきび治療、レーザー治療、ケミカルピーリングなどの美容治療をされた直後の方でも使用可能なほど。

さらに、鉱物油が入っていないので、オイルクレンジングやクレンジング用洗顔料を使わず、石けんで落とせることも大きな魅力ですね!私は肌が敏感のようで、オイルクレンジングをするだけで、肌がカピカピになってしまっていたので、とっても嬉しいポイントでした!

PAGE TOP